2014/01/09

年賀

大晦日。
毎年恒例、夫婦で私の方の実家に帰省。今年は豪華なお節を戴いたので、お重が合わせて五段。一台しかないテレビのチャンネルを静かに争いながら、早々にお節で一杯やる。
私と母が席を外している間に、紅白の有働さんのドレス姿を見て父が「裸か?裸か?」としきりに照れていたと、深夜、夫から報告を受ける。 父が元気になってよかったとしみじみ思う。

元旦。
相変わらずの寝正月。母のクロスワードの解答が面白いんで笑っていたら、夫が「どうやって解くの」と聞く。クロスワードの解き方を知らないのだそうだ。
夜遅くまで両親とも仲良しの私の友人が来ていて、その間人見知りの夫は奥の間で一人じっとしていた。

二日。
朝起きたら母が駆け寄ってきて、昨晩は私の夫を独りにして可哀想な事をしたと泣く。激しい。激しく、可愛い。
いつも通り二日に東京へ戻ると言ってあったが、コートを着込むと一気に両親の顔に緊張が走るので、コートを着たままでしばらく炬燵にあたる。
昔、母と一緒に祖父母の家へ行った帰り、母が老いた両親に見送られ実家を後にする時、「これが最後かもしれないと思っているのがわかる」と言って泣きながら私の手をひいたのを毎度思い出す。

帰宅後は、編集長のお宅へ伺って手料理をご馳走になったり、アメリカから帰省中の義姉と義父の墓参りに行ったり、義母が捻挫をしたり。
と思っていたら、骨折だったと今日判明。
と、こんな新年でございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
とにかく健康でありますように。
皆さまも、私も。


クロスワードを解けない夫、と私