2013/12/30

ガガとマペットと


先日ゴーリー展に行ってきたのと、先程Dlifeでレディー・ガガとマペットの不思議な特番が放映されていたのと、風邪ひいて気持ち高ぶってるのとで、ミーハー気分で描いてみた。
こんな服を着てた記憶はないけれども。
ゴーリーファンの皆様もガガ様ファンの皆様も、もうすぐ新年ということで大目に見てほしい。

ちなみに私はセサミストリートを観て育った。
好きになったきっかけは、低学年の頃にちょっと通った英会話教室でテキストに使われていたから。
英会話教室と言ったって友達のお母さんが自宅で無料で教えてくれてたんだが。
すんごい美しい顔立ちのお母さんで、美しい発音の英語で、自分の娘に英語を教えるついでにユカちゃんも教えたいと言ってくださったとか。
すごくしっかりした方だったから、都会で野生児を見つけて、しつけたいと思ったんだろうなあ。

で、そこに通わなくなった後も、毎月セサミストリートのテキストを購入して、いい歳までシールを集めたりしていた。
中学受験で抽選で落とされた帰り、私は別に落ち込んじゃいなかったが、不憫に思った父親が「何か欲しいものはないか」と言ってくれて、すかさずグローバー(青いモンスター)のぬいぐるみ(顔の後ろに手を入れてパクパク動かせるやつ)を買ってもらった。
もちろん家に帰って母からは大目玉だ。
中学生にもなるのにマペットを買い与えた父と、そうさせた私の根性を見破ってのことだ。
お父さん、可哀想。
でもおかげでしばらくはジム・ヘンソンに弟子入りを本気で夢見ていたな。
帰省したらお父さんにグローバーで話しかけてみようっと。