2012/12/25

男の子との何か

中学一年だったかな。
その頃の愛読書は「家庭の医学」で、痔ろうの写真を眺めるのが大好きだった私。
他人事と思ってのんびりページをめくっていたある日、自分が重篤な性病だと確信する。
鼠径リンパ肉芽腫、か、梅毒。
太ももの付け根あたりにしこりがあり、膿が出ていた。
出ていたというのは違うな、私が針を突き刺して液体を無理やり出したのである。

もちろん性病というのは誤診に違いないが、あまりのショックで号泣しながら私は両親に告白した。
今の私なら泣いてる彼女に「家庭の医学、ちゃんとよく読めよ」と言いたい。
しかし両親は優しく、
 「お父さんもお母さんも違うのだから、あなたが男の子と何かしたりしたのでなければ違うはずだよ、何かしたのなら正直に言ってごらん」
というようなことを穏やかに話した。

もちろん生娘の私は大きな声で「ないっ」と答えたが、しかし中々納得できない私は母に患部を見せ、それでも納得せず、結局整形外科にまで行っておじいさん医師から「違う」と聞いてやっと安心する。
母でやめときゃよかったのにな。
バカだな私。
母にはその後も色々なところを見せ、色々な告白を重ねた。
親不孝者だな私。

ということをクリスマスの今日、何故書かなければならないのかよくわからないけれど。
健康な人も健康じゃない人も幸せに、メリークリスマス。

親とはありがたい存在だ