2012/08/27

いい服


洋裁の上手な叔母(母の姉)が、先月ワンピースを作ってくれた。
その前の週に会った時、「おまえはどんな服が好きなの?」と聞かれ、「襟はあんなで袖はこんなで」と好みを伝えたら、それからたった2日3日でパッパとワンピースを2着縫い上げて送ってくれた。
おまけにひまわり柄の短パンまで。

「早く作んなきゃ夏終わっちゃうからさ」と言いながら 高らかに笑う叔母も、もう70代半ば。
 猛暑真っ只中、練馬のエアコンのない2階の部屋で、どれだけの汗を流して作ってくれたんだろうかなあ。
肌触りも着心地もすごくいい、おまけに叔母の陽気さもまとっているような気分になれる。
いい服。好きな服。