2012/12/25

男の子との何か

中学一年だったかな。
その頃の愛読書は「家庭の医学」で、痔ろうの写真を眺めるのが大好きだった私。
他人事と思ってのんびりページをめくっていたある日、自分が重篤な性病だと確信する。
鼠径リンパ肉芽腫、か、梅毒。
太ももの付け根あたりにしこりがあり、膿が出ていた。
出ていたというのは違うな、私が針を突き刺して液体を無理やり出したのである。

もちろん性病というのは誤診に違いないが、あまりのショックで号泣しながら私は両親に告白した。
今の私なら泣いてる彼女に「家庭の医学、ちゃんとよく読めよ」と言いたい。
しかし両親は優しく、
 「お父さんもお母さんも違うのだから、あなたが男の子と何かしたりしたのでなければ違うはずだよ、何かしたのなら正直に言ってごらん」
というようなことを穏やかに話した。

もちろん生娘の私は大きな声で「ないっ」と答えたが、しかし中々納得できない私は母に患部を見せ、それでも納得せず、結局整形外科にまで行っておじいさん医師から「違う」と聞いてやっと安心する。
母でやめときゃよかったのにな。
バカだな私。
母にはその後も色々なところを見せ、色々な告白を重ねた。
親不孝者だな私。

ということをクリスマスの今日、何故書かなければならないのかよくわからないけれど。
健康な人も健康じゃない人も幸せに、メリークリスマス。

親とはありがたい存在だ

2012/12/05

絵本「えいたとハラマキ」


本日、小学館から発売の絵本「えいたとハラマキ」の絵を描かせて頂きました。
TOKYO FMのラジオドラマ「あ、安部礼司」の絵本企画です。

 こんな子や

こんな子が登場する冬のお話。
書店にお立ち寄りの際はぜひ。

2012/12/02

断捨離の鬼

断捨離の鬼がやってきて家を片付けてくれた。
アメリカに住む夫の姉。
厳密に言うと片付けたのは我々(私と母)で、姉は「これはいるのか、いらんのか」と無駄に言い訳をする我々の尻を叩いたのであるが。
大変ありがたいことで、何年も放置していたスプレーやらローションやらが随分片付いた。
中身出すのに呼吸困難に陥りながら。

姉が、家で一番物の溢れる私の部屋に入ったときは一瞬無言になったな。
物が多すぎて鬼の声も届かない部屋だぜ、私の部屋は。
でも尻を叩かれるのと、普段誰も入らない部屋に人が来たのとで興奮した私は、片付けるふりをしながらUMAのフィギュア「カエル人間」やイチゴのついた針金などを自慢したりして始終にやけていた。
結局私の部屋からゴミ箱行きになったのは何枚かの紙だったな。本についてたカバーとかの。
鬼も諦めたことだろう。



 
夫と私がただの古本屋の店長とバイトだった十数年前、「姉がアメリカへ行くんだ」と言うのを聞いて、「この人は友達もいないのにお姉さんが遠くへ行ってしまって可哀そうだな」と思って「私と付き合えばいい」と思った。
そしてそのひと月後に私が迫って付き合いだしたので、姉とは一緒に暮らしたことはない。
年に一度も会わないのだから、しばらくはかなりぎこちなかったと思うし、帰ってくるのもキツかったろうと思う。
でも時間とはすごいもので、十数年経った今、姉を見送る時に泣いてしまうんだ、私は。
日本よりアメリカが合ってるという姉、楽しいのが一番だからいいんだけどさ。
でもやっぱり早くネコ連れて帰ってくればいいのになと思う。

2012/11/24

ちまちまブックカバー


これは某所のブックカバー用に描いたものです。
何が描いてあるかわからんでしょう。
こんな感じ。

こんなのも。



絶対修正液などを使わないぞという意気込みでA3の紙にちまちまと描き進めたので、途中「ああ、変な線ひいちゃった」という場合も無理やりどうにかしてしまいました。
とてつもなく楽しい作業だったな。
間違えても間違えにしないで遊びながら描くってのは本当面白い。
どんどんやっていきたい。
ちなみにサインも入ってます、どこでしょうね。
へっへっへっ

2012/11/04

健康診断

本日の健診にて。
腹囲を測る時、「あれ」と言いながら検査員の方が何度も測り直し、
最後に「今回はこの数値ですねぇ」と残念そうにつぶやいた。

ええ、残念です

2012/10/19

全身ネジ回し

昨年ぐらいから帰省の度に少しづつ家のどこかを直している。
前回は穴の開いた網戸の張り替え、その前は動かなくなったトイレのドアノブ。
すべりの悪くなった外の扉に、階段の足元灯のセンサーや、ひもの切れた蛍光灯、激しい音のする換気扇。

15年経てば家も段々に古くなる。
まして老夫婦だけで住む家ともなれば、直せるところも直しにくい。

若い頃は、見て見ぬふりをしてた。
今はいいや、まだ大丈夫と。
でも父が昨年体調を崩してからは、ちょっとしたことが命取りになるかもしれないと思うようになって、気づいたら修理しようと動くようになった。

工具ひっつかんで適当にこねくり回してみると、結構できる。
そして楽しい。
からくり、謎解き、すっきりのリアルパズルゲームって感じ。

今回は長年悩まされてきたカーテンレールの場所を変えた。
設計ミスとわかっていながら放置状態だった、ドアにぶつかるカーテンレール。
上を見上げながらの作業がこんなに大変だとは知らなかった。
今、全身筋肉痛だけど、これで冬の寒さがちびっとでも緩和されるなら、私、幸せ。

電動ネジ回しが欲しい。

2012/10/02

「ぱらぱらぱらら」のお知らせ


iPhoneアプリ「ぱらぱらぱらら」が単体アプリとしてリリースされました!

→ こちら


こちらの説明にもありますが、いつもより長めのや画面が分割されてるのやらと
まあ楽しそう!

私の親友は「あ~くだらね~」と言ってニヤニヤしながらタップしていましたが、
こんなこと言うと怒られちゃうかもしれませんけど、作者の私も本当にくだらないと思います。
ですから、何となくどうぞ。

恋人の来ない待ち合わせのお供に。
独り眠られぬ夜のお供に。
車内ぐずる子のお供に、たった一瞬かもしれないけれど、ぱらららら・・・・


2012/09/15

マンガ掲載「三年目」

先日発売のコミックビーム10月号に読切が掲載されました。
「三年目」という落語の漫画、とても好きな演目です。
描いたのは昨年末なのですが、菊の花の季節に掲載されて嬉しい。

2012/08/27

いい服


洋裁の上手な叔母(母の姉)が、先月ワンピースを作ってくれた。
その前の週に会った時、「おまえはどんな服が好きなの?」と聞かれ、「襟はあんなで袖はこんなで」と好みを伝えたら、それからたった2日3日でパッパとワンピースを2着縫い上げて送ってくれた。
おまけにひまわり柄の短パンまで。

「早く作んなきゃ夏終わっちゃうからさ」と言いながら 高らかに笑う叔母も、もう70代半ば。
 猛暑真っ只中、練馬のエアコンのない2階の部屋で、どれだけの汗を流して作ってくれたんだろうかなあ。
肌触りも着心地もすごくいい、おまけに叔母の陽気さもまとっているような気分になれる。
いい服。好きな服。




2012/07/31

歯抜け顔

図書館のカウンターに手をついて興奮気味に跳びはねまくる子が結構いる。
楽しいのはわかるが、危ないので「歯ァ折れちゃうよ」と言って注意する。
大抵は「折れないも~ん、ふひひひ」と言ってやめない。
そういう時は「全部、折れちゃうんだよ」と、静かに語りかける。
すると無言であと数回ばかし跳んでから、ふっとやめる。
その無言の数秒間は、子供たちが自分の歯抜け顔のイメージを
しっかりと手にする時間なのだと、私は思っている。

私は好きだけどね、歯のない顔

2012/07/16

小指の想い出

夫の足を踏んで骨折させてしまった。


昨日コミックビームの200号記念パーティーへ参加し、夢心地で久々に朝帰りをした。
あまりに楽しかったんで後ろめたい気持ちもあって、ご機嫌伺いに夫の周りをウロチョロしたのが災難の始まり。

ボキボキという音に混じってグシャという生物が潰れるような音がした。
夫の顔にいまだかつて見たことのない苦悶の表情を見た瞬間、咄嗟に「早く思い出になればいいのに」と思った。

医師の言うところには、小指に関節が一つ増えたんだと。
「DVじゃないよね?」と確認され、「ヒールで踏んだの?」とも「死ぬほど痛いんだよ」とも言われた。
全治6週間。私の素足は凶器なんだね、先生。

診察が終わり待合室で少し落ち着きを取り戻した私が夫に、「早く思い出になればいいね」と伝えると、「はええよ」と頭のてっぺんを拳でゴっとやられた。

薬指に支えられて6週間過ごす小指。頑張れ~


2012/06/27

無謀な自意識

仕事の移動で渋谷原宿間を独り歩きながら色々と思い出す。

21、2才の私は、ブランド物に限らず、名前の記された物を身に着けることを極端に嫌っていた。
気に入っていた店でさえも、出た後にビルの陰で袋を裏返したりしていた。
それは病的であったかと思う。

その頃に 今の夫と出会った。
当時付き合いだしたばかりの一つ年上の彼は、私のそういう行動についてただ一言、
「ブランドの物で身を固めていることと同じ」と言った。
私は赤面して、その妙な行動をとるのをやめた。

しかし過剰な自意識はとどまらず髪にも及んだ。20代後半にかけて髪をずっと伸ばしていた。
トイレに困るほどまで伸びた髪を、更に伸ばすんだと誇らしげに言う私に彼は、
「丸坊主と同じ」と言った。
穴があったら入りたいと思った。

こういうことの積み重ねがあって、私は穴に入る代わりにこの人の後ろについて歩こうと思った。
それで結婚してくれと頼みこんで結婚してもらった。

 あってない。

2012/06/22

楽しい工作

これは何か。

恐竜の足だ。そのつもりだ。
 
私の働くこども図書館には「きょうりゅうのへや」という小学生向けの部屋がある。
子供たちがこの部屋に入った時に、ちょっと驚いたり、馴染んで通りすがりにさっと触ったりしてくれたらいいと思って作った。
何ザウルスかわからんが、一日半かけて制作。
勢いで作り始めたので、作業工程はかなり怪しいが今後のために一応記録。


・超適当な大きさに切った緩衝材を、削ってボンドと針金で繋いで、を繰り返し大体の形をとる。爪も作る。
  ↓
・その上から針金を縦横ななめ、適当に、でもなるべく網目状になるように巻いて形を整える。(ちゃんと立つように)
  ↓
・水で溶いた糊で新聞紙を貼りまくる。
  ↓
・安定させるためと、モリモリさせるため、足先に石膏粘土(100均で購入)を盛る。
  ↓
・乾燥
  ↓
ここで問題発生。
リアルに作りたかった私は、この後の工程も石膏粘土でやるつもりでいたのだが、
「こどもが多い場所なので軽い方が良い」と同僚に指摘され納得。
急遽、布で仕上げることに変更。
という訳で。
・爪の部分。白のフェルトを涙型っぽい扇形に切って両辺を縫い合わせ、糸を引っ張って円錐の先が爪っぽく曲がるようにする。ボンドで接着。
   ↓
・皮膚の部分。別珍みたいな布(私の服、きれいです)をざっくり切ってボンドで貼る。
  爪まわりに気をつける。切れ目を入れて布がよれないように注意する。
   ↓
・輪切りになった膝の断面は、別の布を貼る。(あまりグロくない茶色にした)
   ↓
・足の裏も足型に切った布を貼る。(見えないが玉虫色)
完成。


この制作の最大の問題点は、圧倒的に乾燥が足りてないこと。
カビが発生したら即刻足は封印、このブログも削除だな。

今のところ、小学生達は驚いたり笑ったりと、色々と反応を見せてくれて楽しい。
あの図書館には嘘っぽい恐竜の足があったなと、いつか誰かが思ってくれたら嬉しい。

それにしても、こういう制作を仕事中にさせてくれる職場っていうのは本当に素敵だ。
すごくいい。

2012/06/16

ガミコの日傘

今日は雨だし疲れも溜まっていて眠いし、一日横になっていた。
私は小さい頃からよく横になる子で、小学校高学年になっても人前で平気で寝ていた。
椅子だろうと畳だろうと。母の膝を枕に。
だからいつも母と人様の話声を聞きながら、テーブルの下と人様の手足を見ていた気がする。
今日しんとした部屋で横になりながら、ふとその光景を思い出した。
何故かわからないが、オオカミのガミコ、まして日傘

2012/06/13

岩手へ

7日の深夜、高速バスに乗っかって岩手へ行ってきました。
こちらに参加

私自身は2回目の岩手です。
相変わらずに美しい山々と海と、まだまだ先の見えない津波の痕跡を抱いた沿岸部。
ちょっとしたアクシデントもあり、半ば朦朧とした状態で始まったツアーでしたが、訪れたどの地でも明るく温かく迎えて頂きました。
いまだ興奮気味で何を書いたらよいかわからず、思い出せることといったら、みんなが笑っていて、私もよく笑ったということ。
迎えてくれた人々も、同行の漫画家さんも、イベントに来てくれた大人も子供も、みーんなよく笑っていたということ。

岩手はとにかく気持ちのいいところ。
風景、空気、波の音、料理、酒、温泉、そこに住まう人々、目も鼻も口も耳も手のひらも体全部が気持ちのいいところ。
私は縁あって岩手へ伺っているけれど、きっと東北の各地にそういうところがあるのでしょう。
穏やかに暮らせる日々が戻りますように、祈ります。

地元に密着した支援活動を続ける、規模の大きい支援団体は、まず維持することが大変と聞きました。
現実がなかなか変わっていかないから。
そこで暮らす人達、そこで支援する人達の先の見えない不安は、私なんかの想像力じゃあおっつかないだろうと思います。
それでも、なるべくもう少し、何かできやしないかと日常考えられたらと思います。

ちなみにこちらが岩手行きでお世話になっているSAVE IWATE
 →http://sviwate.wordpress.com/
ここの方々、ずっと被災地に寄り添っている、本当に優しい人たちです
本当にいいんだ、岩手。

釜石の宝来館も、盛岡の湖山荘も、必ずやまた訪れたいと思います。
私と旅行したい人はいないかえ?
岩手は人魚にだって河童にだってなれるんだぜぃ

ツアーのリアルな声はこちら(イベントの写真などアップされてます。)
   togetter「第3回 漫画家が岩手を応援するツアー」→http://togetter.com/li/318880
 

2012/05/14

絵本のお知らせ


まずはお詫び。
先月末から2週間ほどパソコンが使えない状況に陥りました。
ご迷惑をおかけした方々、本当に申し訳ありません。
でもまだまだ環境が不安定で私の心も不安定。

それにしてもパソコンがないと絵が描けないなんて、いつからそんな風になったんだい、
紙にペンや絵の具で描けばいいじゃないか、数年前までそうやっていただろい。
という声がどこかから聞こえてきますが、やっぱり復旧を待ってしまう私です。
便利なんだもん。


で、お知らせ。
今年4月下旬に再びタリーズから絵本が出版されました。
「ことばがくちからでちゃったら」という絵本です。
今回は、ひなたあおいさんがお話をかいていて私は絵の担当。
いつも描く絵とは違う感じで、ワーーッと、ワイワイワイワイッと、
とても楽しく描かせていただきました。

またタリーズショップでの販売なのですが、ネットでも販売しているみたい。→こちら

どうぞよろしくお願いします。


2012/04/07

さるプリ「ぱらぱらぱらら」

 iPhoneを使っている皆さまへ


しりあがり寿さんのとこの「さるやまハゲの助アプリ」(さるプリ)に参加させて頂いています。
『ぱらぱらぱらら』というパラパラマンガ改めタップアニメで。


ここです→http://itunes.apple.com/jp/app/id496116912?mt=8
ここも  →http://www.sarupli.com/blog/

これや
浮遊する娘


これ
猫連れ去り


が、皆さんのひたすらなタップによって動きます。
今後も月に2回ぐらいずつ増えていくと思いますので、
お気に召されましたらどうぞ宣伝してくださいませ。
他にもマンガ、動画などいろいろ楽しいのがたくさんありますよ~~わあああい

2012/03/25

ホシバナモグラ

祝三夜連続更新。
気付けば三匹とも闇が好き。

「Don´t let me down」

2012/03/23

コノハズク

ただ何となく。

「たとえどんなに・・・」

2012/03/15

マニキュアが剥げかかっている人を見ると不安になる。
その色が濃い色であればあるほど心配にもなる。
お金がないのかな、帰る家はあるのかな、心が不安定なのかな、と。

以前高田馬場の古本屋で働いている時、
お客さんに化粧と香水が5割増しのおばさまがいて私は心でディヴァインと呼んでいた。
その人の真っ赤な爪は、10本全部剥げかかっていて、
一緒に来る派手な娘さんの爪はもっとすごかった。
むしったみたいに剥げていた。

2人は街娼だと聞いた。
当時の私は、そういうお仕事ならもう少しきれいにしたらいいのにと思っていたが、
今になれば、その隙のようなものが男を滑り込ませる罠になり得ていたのかも、とも思う。
んなことないか。


かくいう私も人のことは言えない。
高校二年だったかな。
仲のよかったナオちゃんが突然私の手をとって
「あなた、いつ見ても爪に土みたいのが入ってて小学生みたいなんだけど。」と言った。
見ると確かに汚かった。

そういえばいつも塀をザーっと触りながら自転車に乗っていたし、
校庭ではいつも指で地面に何か書いていたし、
帰り道もいつも何か拾っていた。高校生なのに。

恋もするしオシャレもしたい年頃なんだからちゃんとしろと、
それ以降時々ナオちゃんの爪チェックがはいった。

先日の帰省で久しぶりにナオちゃんに会ったんで、「ほら見て」と誇らしげに
土の入ってない爪を見せたが、どうでもよさそうだったな・・
でも相変らず私のことを「あなた」って呼んでいた。
昔と変わらない。デヴィ夫人みたいな発音で。






2012/03/01

「Pina/ピナ・バウシュ踊り続けるいのち」


「Pina/ピナ・バウシュ踊り続けるいのち」 監督:ヴィム・ヴェンダース
 


新宿バルト9にて友人と観賞。
すごい。 
本能なのか、肉体の衝動なのか、感情表現なのか、
言葉で解釈など私には到底できないのだが、魂にまでブルッブル響いたのは確かだ。
こういう作品に3Dを用いるっていうのも気になっていたけど、
息づかいを近くに感じられるようでとてもよかったなあ。
帰り道、興奮のせいか体が動きたがって、いつもより歩幅が大きかったかと思う。

2012/02/24

卵のおひなさま


朝から卵を撫でながらうずうずしていたが、
夜になって作りたい衝動を抑えきれずやっぱり作ることに。

卵の殻を鋲でつついて中身を出すのに思いのほか手こずり・・
顔を白く塗るのもアクリル絵具じゃうまくいかず、私の化粧品を使ったり・・
何やかや言いながらどうにか完成。
制作時間2時間。
朝から乱れていた心がやっとこ落ち着く。

親元を離れて20年近くもの間、ひな祭りってものが人生から抜け落ちていたな。
だからずっと地に足つかないような女だったのかしら。
いやまあいいんだ。

明日この人たちを図書館に連れて行って子供たちに見せるんだい!


後日。色々足してこんな感じで図書館にいます

2012/02/14

眼鏡だったと思う

朝の満員電車。
よけてもよけても私の頭上で本を読もうとする男がいた。
どんな顔をしてるのかと振り返って見上げるのだが、本が邪魔で見えない。
怖い。

でも結局、あまりのしつこさと混雑具合に私が折れて、
10分の間じっと支えることとなった。
頭のてっぺんの少しくぼんだところで。
 
 次はないわよ

2012/02/06

「100人のナンセンスお伽話」展のお知らせ

「100人のナンセンスお伽話」展に参加させていただきます。
大好きな作家さんがたくさん出展されていてとても光栄、嬉しいです。

テーマがナンセンスということで、悩んだ末
日本の昔話から「鉢かづき姫」を選びました。
ナンセンスじゃないじゃん、という声が聞こえてきそうですが、
小さい頃からこの物語がどうしても不可解でならなかったのです。
死にゆく母はなぜ娘に鉢を被せたのかしらと。

たくさんのナンセンスが織り成す空間、私も楽しみにしています。
みなさんも是非お立ち寄りくださいませ。

Pinpoint Gallery
2012年2月13日(月)~2月25日(土)
11:00~19:00 土曜日は17:00まで 日曜休み
〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビルB1F
tel:03-3409-8268 FAX : 03-3498-5978 

詳しくはこちらをご覧ください。


これは出品した鉢かづき

これは出品したのと違う鉢かづき
 

2012/01/03

帰省

田舎へ帰ると通りすがる人、皆の顔が、知ってるような知らないような不思議な感じがする。
誰かのお母さんだったかしら、20年前に同級生だったかしらと、思い巡らせるけどしっくりこない。
向こうもそう思ってこちらを見ているのかもしれない。

宇都宮は寒い。東京よりずっと寒い。
その寒さのせいもあってか、79歳の父が肺炎で昨年秋から体調を崩している。
前立腺炎との併発で入退院後10数キロやせた父は、今まで若い若いと言われ続けてきたのが嘘のように、急激におじいさんになった。

食事にあまり手をつけず、指先の力までなくなってボタンもとめられなくなった。
いよいよなのだろうか、と泣きたい気持ちで握力のなくなった手をさすり、
いやまだ大丈夫、ほらリハビリ、と強い気持ちで私の手を握らせる。
大きな父に頼ってきた小さな母は、どんなにか心細いことだろう。

今日東京へ帰る私を母が見送ってくれた。
少し離れたところから手を振る母は、眼鏡もマスクもつけているのに泣いているのがわかった。

新年早々に暗いような話ですがお許しください。
父の復活をひたすらに願う新年幕開けです。



新年最初の夫との共同制作