2011/10/24

マンガ家さんたちと岩手へ行く

色々書きたいなと思っているうちに時間が経ってしまったのですが、10月の8、9、10日と、著名なマンガ家さんたちのボランティアツアーにご一緒させてもらって岩手へ行ってきました。

ああ緑がきれいだなあ ああ海だ いつもはこんなに穏やかなんだなあ あぁ瓦礫だ あぁ・・
ああ山だ たぬきだ くるみだ あぁ瓦礫だ あぁ・・
という繰り返しだったと思います。


ボランティアの内容は草刈り、小さな図書館作り、支援物資の仕分けなど。
かなりの肉体労働もあって皆さんとても疲れていらっしゃったのですが、私は筋肉痛がほとんど出ず、若いのかなあと思って後から写真を見返してみたら、ぼうっと突っ立っている写真ばかりでした。
次は頑張ろうと思います。


私はそもそも夫の弁当作り以外、人の為に何かをするってことが得意でなくて、ボランティアというのを考えたこともなかったのですが、支援にも色々あるようで遠くにいてもできることはたくさんあるようです。

今回お世話になった被災地支援チームSAVE IWATEのホームページでは、今何が必要でどうすることができるかが書かれています。
http://sviwate.wordpress.com/
(「ほしいものリスト」で注文すれば直接支援物資を送れます)

また「復興ぞうきん」という収入支援活動もされていて、刺繍糸や刺し子糸を募集しています。
(これはあくまで今現在の情報です、送られる方は確認を)

あと豊富にとれるクルミでもってどうにかできないかとおっしゃっていたなあ。


何だかごちゃごちゃしてしまったが、考えてもみなかったことを考える機会を頂けて、ありがたい岩手ツアーでした。
ちなみに最後の夜、皆で慰労しあう大事な時間に、一口目に食べたエビの刺身で初めてのアレルギー症状が勃発。
尻の穴まで腫れ上がって命の危険を感じました。
よりによって何故今なのかと自分を呪いながら寝て過ごした夜、一生忘れない。